• 一人ひとりのための”提案型” 医学部予備校

エコール麹町メディカルの理念と特長

2017年初でEKMは創立8周年を迎えます。2017年度は9回目(9年目)の塾生を受け入れます。

医受験専門予備校 EKM(エコール麹町メディカル)は、すべての人に門戸を開いた、医学部・医療系学部受験の専門予備校です。

とくに、部活や課外活動との両立で忙しい現役高校生、文系出身で理数系科目が未履修である高校生・高卒生・大学生・社会人、海外高校・大学卒の帰国子女、高卒認定からの医学部受験など、私たちが医師・医療従事者になるにふさわしいと考える「多様な経験を積んで他人の痛みのわかる人材」がEKMに集い、学んでほしいと考えております。
今までも、実際に、そういった人たちが本校で学び、医学部・医療系学部への合格を掴んでいます。

高校生、高卒生(浪人生)だけでなく、大学生や、社会人、歯科医師・薬剤師・看護師などの医療職からの医学部・獣医学部再受験生が多く集まっているのも特徴です。

塾生の属性とキャリアに応じて、推薦・AO入試、編入学試験、センター利用入試、他学部との併願など、さまざまな受験戦略を組み合わせて、最適な進路指導と、完璧な志望校対策(学科対策だけでなく「志願書添削」「エッセイ・面接対策」も含む)を行っています。
また、学科の基本的な勉強は大手予備校に通いながら、個別の大学対策や、志望理由書作成、面接・小論文対策、AO・編入・推薦入試対策、直前対策のためにEKMに通う方もたくさいます。
予算や通学可能日数により、映像授業(通信)、演習・自習+質問、等、履修のスタイルも様々です。

私たちEKMは、何らかの形で苦労を経験してきた、志ある受験生のための予備校です。我こそはと思う方は、ぜひ本校のドアを叩いてください。本気ならば、どなたでも歓迎です。ともに将来を考え、温かくも真剣な受験指導を行ないます。

何から始めたらよいか全くわからない、という人にも、
そのスタート地点とゴールに合わせた最適なカリキュラム(集団授業と個別指導、演習の組み合わせ)を、オーダーメイドでご提案します。
ぜひ一度ご相談にいらしてください。



 

塾長のからのメッセージ

入試には、数々の都市伝説があります。 

 「高齢受験生は不利」、「再受験者は嫌われる」、「現役(高校生)と1浪までしか受け入れられない」といった年齢的な制限に関するものから、「女子は不利」「高校中退・高卒認定者は合格できない」、「コネがないと最終合格は無理」という、受験生本人の変えられない状況に関するものまで、実にさまざまなうわさが流通しています。 

  
 さらに追い打ちをかけるように、年を追うごとに難易度を増す医学部・医療系大学入試。学齢人口は減少の一途を辿っているのに、医学部・医療系学部の人気だけはうなぎのぼりです。入試の競争率は、毎年最高を記録し続け、80倍を超すような医学部まであります。正確な情報が不足しがちで入手しがたい状況がある一方、不正確な情報や悪意に満ちたうわさ・デマなどが、インターネット上などには溢れています。こんな状況ですから、本気で医師になりたい、医療職に就きたいという真摯な情熱を持った人でも、くじけそうになることがあるでしょう。 
  
 でも、けっしてめげないでください。諦めないでください。 
 私たちは、そういった人のための指針を示したいと思い、真摯な気持ちでEKMを設立・運営し、著書『30歳・文系・偏差値30でも医学部に受かる勉強法』や『2400時間で試験範囲を徹底攻略 医学部に受かる勉強法』を世に出してきました。 
  
「現役志向」と言われてきた大学(医学部)でも、近年は10名程以上の再受験生(30歳以上の高年齢の学生を含む)を迎え入れています。また、都内の私立大学でも、2浪・3浪生は当たり前、4浪・5浪した学生も一定数存在します。どの大学でも、少なくとも4、5名程度の再受験生は、普通に見られるようになりました。大学の先生方も、さまざまな経験を経た大人の受験生を歓迎するようになり、実際に、多くの再受験生が、医学部に合格しています。 
 
「高卒認定受験者は合格できない」と言われて本校を訪れたSさんは、翌年、都内の複数の医学部で正規合格(一部特待)を勝ち取りましたし、「部活も委員会も、特技も趣味もない」と言って、学内指定校推薦を断られたYさんは、「勉強への真摯な取り組み」が評価されて、見事、一般公募推薦で医学部合格を勝ち取りました。

このように、ほとんどの大学では、多様な人材を評価し、受け入れることをすでに始めています。 
  
 一方、不正確なデマや噂に翻弄され、受験をあきらめたり、途中で挫折したりする人も多いと思います。 
  受験生を支援するはずの予備校のなかにも、「君は絶対に受からない」と言って、受験生を門前払いするところもあるくらいです。 
  
 冒頭に挙げたさまざまなうわさの類は、そのほとんどが嘘であることが証明されています。最難関の医学部入試であっても、決して特殊な試験ではなく、ふつうの大学受験と同じ、高校卒業程度の学習成果を競う、実力勝負の舞台に過ぎないのです。医学部・医療系大学受験が、一般の大学の受験と異なるのは、少ない募集定員に受験生が殺到し、異常な高倍率を見せていること。そして、その結果としてどの大学の偏差値も高くなり、事実上すべり止めが存在しないこと、といった点のみです。難しいのは、競争率が高いから。ただそれだけです。 
  
 学問に王道なし、しかし、受験勉強には王道あり、です。受験には、正しい勉強法があります。大切なのは、途中で諦めない強い意志と、正しい勉強法に基づき、計画的に、じっくりと学習に取り組むことです。正しい勉強法を、計画的に、着実に実行し、最後まで頑張れたならば、医学部といえども、必ず合格できます。合格できないとするならば、それは、頭脳の問題ではなく、継続できない意志や性格・体力、勉強ができない環境に問題があると考えるべきです。GRIT(努力)が成功への唯一のカギになります。
  
 日本社会は、急激に少子高齢化し、とりわけ高齢者の医療への依存度が高まり、医療ニーズの多様化も進んでいます。医療サービスの地域格差、所得格差も広がりつつあります。そんななか、医師や医療職の果たす役割も大きくなり、その養成機関である医学部の入学定員も、徐々にではありますが、増えつつあります。しかし、医学部定員増以上に、医学部人気は高まる一方で、猫も杓子も医学部を目指せとやらに、日本全国の優等生が、こぞって医学部を受験するようになりました。そして、その結果、医学部以外の医療系学部の人気と難易度も高止まりしている状況です。 
  
 雑誌では「小学校からの医学部受験」なる特集が組まれるまで、医学部を目指す人や、自分の子を医学部に子を入れたい親は、増え続けています。いまや、東大・京大や早慶の一般学部に合格しても、地方の国公立医学部に入った方がよい、と考える受験生が多数を占めるようになりました。中には、クラスの半分以上が医学部志望ということもあると聞きます。しかし、学校優等生がこぞって医学部・医療系学部に進学するという状況は、異常で不健全です。医療は、その仕事を志す人、その仕事を本気でしたいと考えている有意の人物が担うべきでしょう。青臭い考え方かもしれませんが、やはり、医療も教育も、純粋なビジネスとは異なる仕事であるし、単なるサービス業でもないと思うのです。 
 
 医療は、心身が弱った人に提供されるサービスですが、そういった弱い立場には、あらゆる人が置かれる可能性があります。だからこそ、公的な保険によって病気や怪我によって生じるリスクを分散し、皆で等しくシェアするという社会的連帯が必要とされます。つまり、医療は、非常に公共性の高い仕事なのです。ですから、医学部受験というは、ふつうの大学受験の一つの選択肢に過ぎないとはいえ、それでもやはり、有意の人物が目指すべき特殊な進路だと考えるべきでしょう。そして、その特殊な進路には、ただ勉強ができるからとか、成績が良いから、という理由しか持たない単なる学校優等生だけが進学するのではなく、弱さを抱え、悩み苦しんだ経験をもち、それを乗り越えようと努力している、経験値の高い「真のエリート」こそが、進んで行ってもらいたいと考えているのです。
  
 私たちは、そのような皆さんを応援します。
  
2016年冬 EKM塾長 原田 広幸 

アクセス

麹町本校

【本校新住所】:
東京都千代田区麹町2-14-6 麹町パレス308
半蔵門駅から徒歩30秒、麹町駅から徒歩5分の絶好のアクセス。
 
【アクセス】:
《地下鉄半蔵門線》 千葉方面・錦糸町駅より直通19分/東京・大手町駅より-直通6分/横浜方面・渋谷駅より直通8分。

①半蔵門駅で降車し、「4番出口」から出ます。
②地上に出たら、目の前の道路を左に進み、すぐある交差点を、タバコ屋さんがある方(斜向い)に渡ります。蕎麦屋とステーキ屋が目に入ります。そのビル(麹町パレス)のエレベーターホールから3階に上がり、右側308号です。

《地下鉄有楽町線》 埼玉方面・池袋駅より13分/千葉・京葉線方面・新木場駅より18分。

①麹町駅を降車し、国道20号線沿いを皇居の方(四谷の反対方向)に向かって歩きます。
②麹町1丁目の交差点で左折します。
③左手を歩くと、すぐガソリンスタンド、次に郵便局がありますので、それを越えて1軒目です。蕎麦屋とステーキ屋が目に入ります。そのビル(麹町パレス)のエレベーターホールから3階に上がり、右側308号です。

《JR総武線・JR中央線》
☆JR市ヶ谷駅、JR四谷駅からも徒歩圏内です。
 

宇都宮駅前校

住所:〒321-0963
栃木県宇都宮市南大通1-1-12 ダイカンプラザ1F
電話:麹町本校へご連絡をお願いいたします。
お問い合わせ対応時間:(火曜~土曜)11:00-20:00(日曜)11:00-18:00
※月曜日は定休日です。

【アクセス】
☆ JR宇都宮駅西口→東大通り→八日市場通り→エコール麹町メディカル宇都宮駅前校(ダイカンプラザ1F)まで、徒歩5分!

① 宇都宮駅(西口)からロータリーから駅前・大通りに出て、川を渡らずに最初の交差点「宮の橋」を左折。これが「東大通り」です。
② 東大通りを進み、「宇都宮川向郵便局」「デイリーヤマザキ」前の信号を渡ってそのまま直進。これが「八日市場通り」です。
③ 左手に「宮下眼科」さんを過ぎる頃、左前方に舟形の大きな白い建物が見えます。これが「ダイカンプラザ」です。

* お車でお越しの場合、無料の専用駐車場はありませんので、周辺の有料コインパーキングをご利用ください。(建物周辺に複数の駐車場があります。)

本部事務局

東京都千代田区麹町 2-10-3  エキスパートオフィス

事務局の受付はこちらです。
医受験コンサルティング、入塾面談を実施したり、ゼミや個別指導を実施することもあります。

麹町校の特長

◇ 「個別指導」と「集団授業」(クラス)のそれぞれのメリットを活かし、その人の進度と能力に合ったスタイルで、個別指導とクラス授業での受講を配分できます。(同じ料金で、個別指導1単位か、クラス授業2単位か、いずれかを選択できます。)

◇ つまり、個別指導と、クラス授業の、いいとこ取りができるということ。非常に効率よく、しかも、その人それぞれの進度で、すすめることができます。

◇ 「演習」(先生から各自に与えられた課題を解き、チェックを受ける時間)が毎日あります。質問も、休み時間だけでなく、演習の時間にも受けられますので、わからないまま終わってしまう問題は、絶対に残しません。

EKM エコール麹町メディカルの特長(麹町校)

◇ 「個別指導」と「集団授業」(クラス)のそれぞれのメリットを活かし、その人の進度と能力に合ったスタイルで、個別指導とクラス授業での受講を配分できます。(同じ料金で、個別指導1単位か、クラス授業2単位か、いずれかを選択できます。)

◇ つまり、個別指導と、クラス授業の、いいとこ取りができるということ。非常に効率よく、しかも、その人それぞれの進度で、すすめることができます。

◇ 「演習」(先生から各自に与えられた課題を解き、チェックを受ける時間)が毎日あります。質問も、休み時間だけでなく、演習の時間にも受けられますので、わからないまま終わってしまう問題は、絶対に残しません。



 

EKM エコール麹町メディカルの特長(宇都宮校)

◇ 現役生には、学校カリキュラムを活かし、学校のテキストと進度に配慮しつつ、受験に対応する学力をつけるための指導を施します。浪人生や再受験生には、麹町本校と同じテキスト、カリキュラムでの指導を実施しています。

◇ 本校だけでなく宇都宮校でも、現役生のほか多くの社会人・大学生・浪人生などが学んできました。医学部、獣医学部、看護学部等へ進学しています。

◇ 「演習」(先生から各自に与えられた課題を解き、チェックを受ける時間)を中心にカリキュラムを組みますので、学校の宿題との両立に悩むこともありません。質問は何回でも可能です。その日にやった課題はきちんとわかった状態にまでなってから帰宅していただきます。

◇ 「マンツーマン個別指導」と「集団授業」を追加受講できます。麹町本校の先生とも、WEB上のシステムを使ってコミュニケーションでき、個別指導の受講も可能です。

◇ 宇都宮にいながら、本格的な専門予備校ならではの指導を受けることができます。